style of life california

hi-dutch Dolphin Art Making Story

4月24日(土)よりRHC ロンハーマンみなとみらい店にて開催されるGreen Dance Jamのために作られたhi-dutchによる作品。

私たちにも身近な海である由比ヶ浜に落ちていたプラスチックゴミを子供たちと一緒に拾い、そのゴミを使用して作品を作ってもらいました。

子供たちと一緒に拾ったゴミが美しいアートになったとき、子供たちは何を思うのでしょうか?
子供達でも見て直感的に解りやすいアートならではの伝え方が出来ればと願うhi-dutchの想いが届くと私たちは信じています。

これからの未来、世界中の海がこれ以上汚れず、少しずつでも綺麗な海に戻りますように...
そして子供たちの小さな手に愛と夢が溢れる明るい未来でありますように...

タイトルは“海洋プラスチックを食べてしまったイルカの親子”。
親イルカと子イルカが4月24日(土)よりRHC ロンハーマンにてお披露目となります。

hi-dutch / Takahiro Hida
1972年生まれ。
サーフボードリペアのキャリアにより習得した樹脂を用いた技術を用いて、毛糸、木材、樹脂を合わせた表現を続けている。日本各地で作品展やグループショー、店内装飾などで作品を発表。また、アメリカ(サンフランシスコ、ロサンゼルス、テキサス、サンノゼ、ハワイ)香港、台湾(台北)オーストラリアなどのグループショーに参加するなど海外でも作品を発表している。